お知らせ☆

2013.2.4

*アスパラガスの会、参加者募集中。

3月と12月除いては毎月やってます^^。

詳しくは→ 【こちらをクリック!!】 

2007年04月29日

おいらの乳幼児時代

親から聞いた情報だけやから正確ではないかもだけど…(;´Д`)
 
こんばんわ。
子供と一緒に昼寝を4時間もしてしまって、寝付けない奈良人です。
久々にまとまった休みが取れたので、ブログでなかなか書ききれなかったことを一気に書いていこうかと思います。
 
今回から、数回にわけてとりあえずはGW期間中に中学時代まで書けたらなと思います。
つまらんかもしれませんが、ちょっとの間お付き合いください。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
 
私(奈良人)は、1982年の冬に奈良県のド田舎で生まれました。
今はどうかわからんけど、昔は雪が降ったら20〜30センチは積もってたぐらい寒いところやったらしいです。
私が生まれた日も雪が降ってて、車が動かんかったみたいです。
母ちゃん、陣痛の最中、バス停まで15分かけて歩き、バスに乗って病院まで行ったようで…。
で、病院に着いたころには頭が出かけてたみたいです(汗)。
 
病院について半時間で、あっけなく生まれたようで…。
3344gのでっかい赤ん坊で、母ちゃんが言うには「しわがなくムチムチした赤ん坊やった」そうです。
 
生まれてから2ヶ月ぐらいまではおっぱいをよく飲むし、よく寝るし、手のかからん赤ん坊やったそうですが、身長が低かった母ちゃんなんで、赤ん坊の私を抱っこするのがしんどくてベビーカーに乗せるのですが、大泣きしてほとんど乗せられず、腱鞘炎に悩まされたそうです。
 
生まれて5ヶ月して、ようやく寝返りをするようになったころから、夜寝なくなったそうです。
親も7歳上の兄貴も寝静まってるのに、ベッドの上で一人遊んでいたようで。
このころついたあだ名が「ナポレオン」でした。
 
はいはいの期間が長く、歩いたのは1歳半になる前だったようです。
そのころになると、親が夜仕事をしていたために、兄貴と一緒に親戚の家に預けられることが多くなりました。
歩き出したら、目の届く範囲にいないことが多くなりました。
スーパーでも迷子の常習犯だったようで、迷子札を首から下げられる始末でした。
とにかく、落ち着きのない子だったようです。。。
 
言葉が話せるようになっても、あまり意味の通った会話にならないことが多かったようです。
大人が言ったことをそのまま繰り返して、そのままの形で覚えて、違う場面で突然言うことが多くなったようです。(今思えば、エコラリアの始まりじゃんよ。。。)
 
かんしゃくもものすごく激しい上、社会のルールを覚えるのが苦手だったようです。
手先の不器用さも手伝って、幼稚園に入るころになっても着替えはひとりではできませんでした。
ボタンが自分で留められないので、ボタンのある服は絶対に着ませんでした。
 
1986年、幼稚園に入園しました。
私は、同年代の子と幼稚園で初めて接することになったために、最初はわけがわからず、幼稚園から脱走する日が続いてました。
度重なる喧嘩や、ルールの飲み込みの悪さ、強いかんしゃくが続き、児童相談所へ何度か発達検査へ行ったのを覚えています。
多分、私が今の時代に生まれてたら確実に発達障害だって言われてたんだろうけど、当時はそんな情報も日本には入っていないので、何回検査しても異常なしで帰されました。
でも、幼稚園の先生は検査の結果は納得してはいなかったようです。
(私が大人になってから先生と会ったときに聞きました。)
友達と遊べず、一人で遊ぶことも多かったです。
当時は、文字に強い執着をもっていました。
漢字やひらがなを1度言われただけで難なく覚えていたために、頭がいいのと勘違いされてました。
卒園するころまでには、兄貴(6年生)の小学校の教科書がすらすら読めていました。
(内容までは把握できんかったようですが、読みは兄貴より正確やったみたいです。)
 
そんなアンバランスな成長をしながら、幼稚園を卒園していきました。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
 
次は、小学校低学年の話を書きます。
結構悲惨な生い立ちを書くので、ショックを受けそうな人は見ないほうがいいと思います。
見て具合が悪くなられても、こちらは責任が持てませんので。。。
見るか見ないかは自己判断と自己責任でお願いします。
posted by 奈良人(ならんど) at 03:33| 奈良 | Comment(2) | 奈良人の生きざま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはー。
気を使って同調するわけじゃないんだけど、似たところあるよ。
長文・・いいかな。もしなんなら削除してね。

いじめのことなんだけど、私はいじめが小学校高学年から始まって、中学卒業近くまで続いて。
カバンも捨てられたなあ、「気持ちわりい、どっか行け」といわれたこともあったなあ。私の前だけ強気なやつもいたっけなー。
ヤツらの言い分は「いじめられるやつが悪い」、んなことあるかっつーの。

かんしゃく持ちだったし、全然寝なかったのも記憶にあるよ。着替えが下手で先生にみんなの前で恥かかされて、母親には「お前が悪いから」で事あるごとに小言や暴力。
両親、一度父の酒と暴力で別れて。その後姉が出来て再婚しているせいか仲が悪くてね。
私は物心ついたころから死にたかったな。3歳の頃から、生まれてきたくなんかなかったよー!なんてさ。

私の場合、根がADHDなんだろけど、アダルトチルドレンとか人格障害も生まれてしまった気がするよ。
自閉の子を育ててるというより、自分自身も育てている気がする今日この頃。
Posted by こず at 2007年05月01日 11:24
>こずさん

返事遅くなってごめんなさい。
暴力の連鎖ってなかなか止められないんだなって思いました。

息子さんが生まれてきたのも、何か役割があって生まれてきたのかもしれません。
私も、子供育ててるというよりは、自分を1から育てなおしてるという感じがします。
Posted by 奈良人(ならんど) at 2007年05月12日 02:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。