お知らせ☆

2013.2.4

*アスパラガスの会、参加者募集中。

3月と12月除いては毎月やってます^^。

詳しくは→ 【こちらをクリック!!】 

2008年07月13日

【キャラ弁】キャラ弁論争

昨日の記事について、メールをいただきました。


ご本人さんの承諾を得て、匿名で掲載させていただきます。


−−−−−−−−−−ここから−−−−−−−−−−−


奈良人(ならんど)さん、こんにちは。

(途中、記事に関係ない内容なので中略します。)


きょうのキャラ弁の記事について…


私は、キャラ弁に関しては条件付きで賛成です。
というのは、キャラ弁がお子様とのコミュニケーションにつながるのはいいことなのですが、同じように作りたくてもどうしてもできない事情があるお母さんも居ます。
(時間が割けないとか、手がうまく動かせないとか…。)

やはり、そういったお母さん方が劣等感を持ってしまって、子育て全般に自信がもてなくなってしまってという状態に、自分の作ったキャラ弁でそうさせてしまったらと思うと申し訳なく思ってしまうのです。

あと、キャラを作ることに夢中になってしまって、栄養面がおろそかになったり、おかずがおいしくなかったりとなると、キャラ弁反対の方向に傾いても仕方ないかなって。

キャラ弁禁止の幼稚園は、そういったお母さんの事情やお子さんへの影響も考慮して禁止にしてるのではと思います。

(以下省略)



−−−−−−−−−−ここまで−−−−−−−−−−−




あくまでも、キャラ弁への奈良人(ならんど)個人の意見を書くと…



できない事情のある人がいるというのもわかるけど、自分ができないからってそれを悲観したり、他の人へ文句を言いに行くのはちょっと違うなって思います。



実際に、他の幼稚園で今年からキャラ弁禁止になったというのもママ友から聞いています。
理由は『目立つのが間違ってる!!』っていうクレームを幼稚園の先生にしつこく言い続けたお母さんがいらっしゃったからだとか。。。。。

昨日の記事にも書いたんですけど、自己満足とかだけでキャラ弁を作っているわけでなくて、小奈良(こなら)に食事のことで不自由させたくないから作ってます。
もしも、私にキャラ弁を作っている理由を聞かないで、先生にしつこくクレームが行ったりしたら私は激怒すると思います。

お弁当を作るときは、小奈良(こなら)に量が多いかどうかとか細かく聞いてから作ります。
あと、小奈良(こなら)が食べにくいと言った食材は調理の方法や切る大きさを変えたりとかもしています。

私も、もともと料理や後片付けが苦手だし、障害ゆえにうまく段取りが組めなかったり、チックがでたり、体調が不安定だったりするし、こんなん言いたくないですが…


はっきり言って、健常者よりもハードル高いですよ。


姑が「手伝おうか?」って言ってくれることもあるけど、それは断ってます。
仕事から帰るのが遅いので、夕ご飯は姑が作ってくれています。
朝ごはんも、時間がないのでパン食だし。。。。。


娘が、私のつくった食事を食べられるのはものすごく限られているんです。。。


それだけに、弁当を楽しみにしています。



悲観なんてしてる暇ありませんよ(;´Д`)



できないお母さんが悪いって誰が決めたの?
ほんと、それだけが腑に落ちなくて。。。。



できないことをできないってどうして子供に対して隠そうとするんかなって。



素直に言ってやるほうが、そのときはすねるけど、後でちゃんとわかってくれると思います。
私は、障害ゆえに努力してもできないこと多くて凹みそうになるけど、ちゃんと小奈良(こなら)には正直に言うようにしてます。



できないことを悲観したりするより、自分のできることを存分に発揮してやっている姿を子供にみせてあげるほうがすばらしいですよ。




また、キャラ弁の話から大きな話になってしまった_| ̄|○


このメールの差出人がおっしゃっているように、キャラの形を優先するあまりに栄養面をおろそかにしたり、おかずを手抜きしてばかりでおいしくないってことになるのは、私も反対です。

ただ、そのことさえ気をつけてればキャラ弁はとってもいい食育ツールになると思います。
(食育の一環で、うちのスーパーにもキャラ弁グッズコーナーができたぐらいですから。ちっちゃいけど。。。)


posted by 奈良人(ならんど) at 01:29| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも読ませていただいております。

私もASに診断されている者です。

今回書き込ませていただいたのは
奈良人さんの↓この発言にものすごく感銘をうけたからです。

>できない事情のある人がいるというのもわかるけど、
>自分ができないからってそれを悲観したり、
>他の人へ文句を言いに行くのはちょっと違うなって思います。

普通に頑張ってることや前向きなことを書いている
アスペルガー症候群の人のサイトに
「私もアスペルガーですが、私は頑張れないので傷つきました」
「頑張れない人がいることを考えてください」
というような内容のことを書くような人達が
私は直感で大嫌いでした。

でも、なぜ、そういう人達を大嫌いだと思うのか、
自分では上手く説明できなくて困っていました。

それが、奈良人さんの発言にはハッとしました。
そして「よくぞ言ってくれた!!!!!!!」と
心の底から拍手を送りたい気持ちになりました。

奈良人さんのキャラ弁のエントリ
私は大好きです。
これからも応援しています。
Posted by のら at 2008年07月14日 01:26
>のらさん

はじめまして(^^)
キャラ弁の記事を気に入って下さり、とても嬉しいです。

確かに、私にもどんなに頑張ってもできないことはありますが、やらないうちから「できない!」って言うのはできない性分なんで…。

とことんやって出来なかったら諦めますが…( ̄▽ ̄;)

私、障害を理由に頑張れないって言ってる人に一言ガツンと言ってやりたいです。

『障害が理由で出来ないことはあったとしても、頑張ることは誰でもやれるよ。』

って。

これからもどうぞよろしくおねがいします。
Posted by 奈良人(ならんど) at 2008年07月14日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック